カテゴリ:Travel/旅・海外編( 5 )

パリ ホテルダニエル訪問 フランス人はシノワが好き。 




パリ滞在中、どうしても行きたかった場所

ホテルダニエル を訪問してきました。

f0375763_23181979.jpg


なぜ行きたかったのか?

ホテルダニエルのインテリアはフレンチシノワズリスタイルの真骨頂だから!


シノワズリスタイル
フランス語で「中国の美術様式」のことをシノワズリといいます。
18世紀ごろフランスでは、壁紙や家具、陶磁器など中国風スタイルを取り入れることが流行しました。
フランス家具とミックスすることでラグジュアリー感が高まります(iemoより



外観は・・

f0375763_23262926.jpg
普通すぎて通り過ぎてしまいそうになりました 029.gif





室内です。みてくださいこのザ、フレンチシノワ!!!!!

f0375763_23180933.jpg


特にこの壁紙は圧巻です  


f0375763_23185866.jpg

この壁紙は de Gournay といって

すべて手描き!!のフランスの超ラグジュアリー壁紙ブランドです。

1平方メートルあたり10万円くらい軽くしてしまいます 004.gif


f0375763_23171655.jpg





f0375763_23211170.jpg

お茶をしながらこの雰囲気に酔いしれる。。。

観光者まるだしでバシバシ撮影する私。

(恰好悪いのはわかってる~笑 でももういつ来れるか分からないから~)


横にいる夫も苦笑いです 037.gif



f0375763_23184860.jpg

蘭の花はシノワスタイルには欠かせないお花です。


カフェのカップはモダンでシャープなもの。

ポットはいま流行りの鉄瓶ですね。

今フランス人の間では鉄瓶で紅茶を飲むのがオシャレ、と言われています。



f0375763_23200801.jpg


ホームページもとても素晴らしいです。

お部屋はシノワだけではなくモロッコ風などもあります、ひクリックしてお楽しみください 060.gif




ホテルダニエル


お部屋を見るには CHAMBRES または SUITES をクリックしてみてください



[PR]
by nointeriornolife | 2016-09-24 23:21 | Travel/旅・海外編 | Comments(0)

パリのホテルインテリア お部屋編 「自分なら」を考えてみましょう




f0375763_23090920.jpg


パリで宿泊したホテルのお部屋のインテリアです。




壁紙、カーテン、ベッドヘッド(ベッドの頭部分)

すべてが同じ柄でそろっていて圧巻!

(中国趣味、シノワズリーのような柄でした)





初めて部屋に入ったとき最初にこの柄が目に入って、

ステキ!感激!驚き!! 071.gif




f0375763_23092354.jpg



 ベッドの両脇にはシンメトリー(左右対称)にエレガントなランプが。

そして真ん中にシノワズリ―(シンプルな中国趣味)なアート。




f0375763_23094164.jpg


初めてこの部屋に入った瞬間は感激して、とても素敵!

と思ったのですが

しばらく過ごしてみると、柄が沢山あって目がチカチカ、

ちょっと落ち着かない ^^ 042.gif





ホテルという場所は非日常的であるべきと思うので

インテリアはドラマチックで柄が沢山あっても

良いと思います。



ただ、もしこれを自宅のベッドルームとしてイメージしてみると

私個人的には少々柄が多いのかなと思ってしまいます。

自宅として考えるのであれば、

わたしならちょっと 引き算 します。



例えば

壁紙はそのままで、カーテンとベッドヘッドをベージュの無地にするか

または

壁紙は白ベージュにして、カーテンとベッドヘッドをこの柄のままにします。

メリハリをつけてみます 053.gif


f0375763_23095368.jpg



ベッドヘッドをズームアップして撮影してみました。

f0375763_23113659.jpg

金のカーテンポールのようなものを取りつけ

そこから布でひっかけるものを作り、
平べったいパッドのような形のクッションを吊るしています。


f0375763_23105769.jpg



マジックテープで取り外しできるようになっています↓


f0375763_23132442.jpg
f0375763_23100290.jpg


f0375763_23114737.jpg

f0375763_23121168.jpg

あと、

チェアやテーブルは重厚な雰囲気だったので

もう少し軽めの色合いや素材をつかうと

軽く、フレンドリーな雰囲気がでてよいのかな、と思いました。





f0375763_23115994.jpg


このように、様々なインテリアを見て「自分ならこうしたい」

考えていくとインテリアのトレーニングが楽しめ、自然に考えるくせがつきます。



もちろんインテリアの本でもできるので

皆さんもぜひやってみてくださいね。

まずは自分らしい意見で大丈夫です 058.gif




[PR]
by nointeriornolife | 2016-09-22 16:32 | Travel/旅・海外編 | Comments(0)

パリのホテルインテリア ロビー編  壁面とグレーを考えてみる



宿泊したホテルのロビー

このグレーの壁面についてお話ししたいと思います。


f0375763_23330966.jpg


良く見ると

グレイッシュな壁に白い線がところどころに引いてありますよね?

これはモールディングといいます。

モールディングとは装飾や仕上げの総称で

部屋の壁と天井の境目に貼ったり、コーナーを

おしゃれにみせたり壁面の装飾として使われています。

素材は天然木がメインですが、ポリウレタンや塩化ビニールなどの素材があります。





f0375763_23321751.jpg

モールディングをするだけで

インテリア全体のセンスがUPします。




リフォームをするとき、家具ばかり重視され、壁面は見逃されがれがちですが、

実は家具より大切な部分です。



f0375763_22141587.jpg


グレーという色はいろいろな色との組み合わせができる

万能カラー、と私は思っています。



f0375763_22133129.jpg



例えばゴールド、パステルカラー、紫、白、黒、シルバー、ブルーなどなど。

日本ではなかなか取り入れようとはしない色、それがグレーなのです。



が、「取り入れてみると意外に合わせやすい」

とお客様からは評判が良い色です。

ただしどんなトーンのグレーを合わせるかは大事で

そこが一番難しいポイントなのかもしれません。



f0375763_23283214.jpg



f0375763_23253444.jpg


f0375763_22112132.jpg

モールディングで印象がガラッと変わる!


皆さまもリフォームや新築の際、

リビングだけでもモールディングを施してみてはいかがでしょうか。










[PR]
by nointeriornolife | 2016-09-19 22:02 | Travel/旅・海外編 | Comments(0)

パリのホテルインテリア 朝食ルーム

f0375763_23201099.jpg



パリに旅行したのはもうかれこれ3年前のことですが、

インテリアの写真を沢山撮ってきたので

またひっぱりだして

わたしなりにインテリアのお話しをしていこうと思います。



こちらはホテルの朝食ルーム。


f0375763_23142852.jpg

毎朝、このカラフルでエレガントなインテリアに

囲まれて朝食を食べるのが楽しみでした。


f0375763_23174904.jpg


チェアはホテルのオーダーだそうです。

絵画はエレガントなのに

チェアの貼り布はとてもポップ。

そのミックス具合がなんともいえません。

ヘリンボーン(V字型)のフロアがとてもパリらしいですね。


f0375763_23181049.jpg


サンルームのような天井で

解放感もありました。



f0375763_23205373.jpg

ちなみに朝食はこんな感じ。

ボリュームがあって

大満足の朝食でした!





[PR]
by nointeriornolife | 2016-09-17 23:17 | Travel/海外 | Comments(0)

パリのホテルインテリア  モダンな鳥かご照明


もう3-4年前のパリ旅なのに

こうやって、思いだしては指をくわえて

いきたいいきたいと思い出しています~笑



こちらは宿泊したホテルのロビー





f0375763_23281272.jpg
f0375763_23262932.jpg

階段や階段に沿って取り付けられた絨毯、ドアなどのモールディングだけを

見るとクラシックで伝統的フランスという感じですが

照明を見てみるとモダンな鳥かごのような照明。

メタリック素材でシャープな形をした鳥かごの中に

シンプルな傘カバーのランプです。



クラシック+モダン!

フランス人はミックスするのがとても上手です。

逆に「すべてのテイストを同じくしてしまうのは
インテリア上手じゃない、こなれていない」とフランス人はよく言います。





滞在中、毎日毎日この廊下を通っては

にんまりしていました 016.gif

f0375763_21410317.jpg



フランス人は蛍光灯のような青く明るすぎる照明を

好みません。

どちらかというと

暗めで

間接照明が好き。


マダムの皺をくっきり見せる

明るさは恋には必要ない・・・

という感じでしょうか 笑



f0375763_21412475.jpg



スタイルをミックスする、というのは

とても難しいことですが、

さまざまなインテリアを見て

妄想訓練をすることはとても大事です。


皆さまもインテリアの本を見るときに

どんなスタイル(エレガントモダンなど)がミックスされているか?

という視点で見て行くと

インテリア本の面白みが増します。


インテリアミックス、目指しましょう!


f0375763_22125609.jpg





[PR]
by nointeriornolife | 2016-09-13 21:44 | Travel/旅・海外編 | Comments(0)

Profile: 山本智子(やまもとともこ)インテリアデコレーター/インテリアセルフアテンド1級/Salon de Apple Interior主宰。ショップ、ご自宅やサロン向けインテリアアドバイス、インテリアレッスン、企業へのセミナー講師のお仕事をしています。インスタグラムはinteriortomokoyで検索!神戸生まれ神戸在住、夫と息子の3人暮らしです.


by TomokoYamamoto
プロフィールを見る